哺乳瓶ブラシは100円ショップで大丈夫?【コスパの良い哺乳瓶ブラシ】

育児

ミルク育児の場合、哺乳瓶ブラシも毎日使いますよね。

哺乳瓶を清潔に保つためには、毎回ブラシで洗って汚れを落として除菌する必要があります。

この記事では、おすすめの哺乳瓶ブラシや、100均のブラシで代用できないかということについて紹介していきます。

スポンサーリンク

哺乳瓶ブラシの素材

知っている方は飛ばしてOK!

哺乳瓶ブラシにも素材に種類があります。
ガラスの哺乳瓶かプラスチックの哺乳瓶かによって適応するブラシが違うのでご注意ください。

ナイロンブラシスポンジブラシシリコンブラシの3種があり、ざっくり特徴をまとめると以下です。

ナイロンブラシ
  • ガラス製哺乳瓶専用
  • 頑丈でもちがよい
スポンジブラシ
  • 全哺乳瓶使用可能
  • 劣化が早い
シリコンブラシ
  • 全哺乳瓶使用可能
  • 頑丈で持ちが良い
  • 値段が高め

また、逆に哺乳瓶から見た適応性は以下です。

ガラス製哺乳瓶➡ナイロン・スポンジ・シリコン
プラスチック製哺乳瓶➡スポンジ・シリコン

ナイロンは硬いので、プラスチックの哺乳瓶を傷つけてしまいます。
それ以外はどちらも使えますが、スポンジは劣化が早くシリコンは値段が高めです。

使い分けが面倒なのと、シリコンは泡立ちづらくて洗えてるか不安になるので、ずっとスポンジブラシをつかっています。

哺乳瓶ブラシセット

哺乳瓶ブラシと乳首ブラシ、ストロー用ブラシ、薬液消毒や煮沸時に使うトングなどがセットになっているものがあります。

私は当時存在を知らなかったのですが、今思えばめちゃくちゃお得です…。

知ってたらこれ買ってました。
結局、哺乳瓶ブラシは消耗品なので、高いお金を出して買う必要はないと思っています。

言い方悪いですが「なんでもいい」んですよね。

高いスポンジブラシ買っても、乾燥させずに保管して雑菌増えて、洗浄しても意味ない、すぐ廃棄なんてこともあります。
安いものを清潔に扱って、丁寧に哺乳瓶を洗ってあげればOKです。

哺乳瓶ブラシセット⇓

ストローマグを使うようになった時ストロー用のブラシも買い足しましたし、「電子レンジ消毒だしいらないだろう」と思っていたトングも、結局、電子レンジ不可の哺乳瓶や食器、おもちゃなどが結構あって…、持っていると便利です。

100円均一のボトルブラシで代用は可能?

哺乳瓶ブラシ(特にスポンジブラシ)を見ると、水筒などを洗うボトルブラシによく似ていますよね。

結論、私は100円ショップのボトル用スポンジブラシを使っています。

それまでは、combiと西松屋の哺乳瓶ブラシを使っていましたが、100円ショップのボトルブラシと使用感は大差ありませんでした。
乳首用ブラシは100円ショップにはあまり種類がなく、ベビー用品店のものの方が使いやすい印象です。なので、西松屋の乳首用ブラシと100円ショップのボトルブラシを使っています。

※追記※
セリアに哺乳瓶の乳首洗いスポンジ2本セットが売っていました。1本50円(税抜)…安い。
そして、柄が長くてスポンジも割としっかりしてるので、もう私としてはこれで十分ですw

セリアの哺乳瓶乳首洗い用スポンジ
100均の哺乳瓶乳首洗い用スポンジ

スポンジブラシを使いたい方は、劣化のたびに取り換えるので100円ショップのものも試しに使ってみることをおすすめします。
ボトルブラシは種類も豊富で、より使いやすいものを選ぶことができますよ。

最初は哺乳瓶ブラシセットなどを買っておいて、劣化しやすいスポンジブラシ等は定期的に100均のものに交換する、のがうまい買い方かなと思います。

スリムタイプの哺乳瓶におすすめのブラシ

哺乳瓶ブラシやボトルブラシは太めのタイプが多いです。
しかし、スリムタイプの哺乳瓶だと、入り口が狭いのでスポンジブラシが一気に劣化します。
なのでスリムタイプの哺乳瓶にはSeriaの細身のボトルブラシを使っています。

seriaのスリムボトルブラシ

ちなみに、今ではれっきとした哺乳瓶用ブラシも100円ショップ(100均)に売っています。

candoの哺乳瓶ブラシ
キャン★ドゥの哺乳瓶ブラシ

ただ、こちらのキャンドゥ哺乳瓶ブラシ(乳首洗い付き)は、スポンジが固めで微妙…。
付属の乳首洗いは柄が短すぎて持ちづらく、洗いにくかったです。
これなら普通のボトルブラシでいいや…と思いました。

スポンサーリンク

素材別おすすめ哺乳瓶ブラシ

最後に、100円ショップにはない、便利な哺乳瓶ブラシを素材別にまとめました。

電動タイプや、お出かけ用のコンパクトなブラシもあるんです‼

ナイロンブラシ

プラスチック製の哺乳瓶を使う方が多いので、ナイロンブラシだけ買うことは少ないかもしれませんが念のため。ナイロンブラシはピジョンのこちらが主流です。

電動タイプ

こちらは、哺乳瓶だけに使うのはもったいないので、哺乳瓶を使わなくなったら水筒などにも使いたいですね。ナイロンブラシなので、ガラス製に使えます。

スポンジブラシ

スポンジタイプは、combiと西松屋のものを使いましたが、どちらも使いやすかったですし乳首ブラシ付きでした◎

シリコンブラシ

シリコン製は、スポンジのように密着してこすって洗えてる感がないのが心配でした。
中でもこちらは、ブラシが細かく乳首とストローのブラシ付きで口コミも良いです。

乳首用ブラシ

乳首ブラシがついていない場合は、別で購入しなければなりません。
乳首部分は一番清潔にしておきたいので、ブラシの買い直しを加味して2本セットのこちらをおすすめします。

持ち運び用哺乳瓶ブラシ

これももっと早く知りたかった商品…。

ブラシを哺乳瓶に入れて振る”ことで洗えて、コンパクトに持ち運べる哺乳瓶ブラシです。

ちゃんと乳首用もついていますね!

水だけで洗えると書いてありますが、口コミを見ると洗剤を使っている方もいらっしゃいます。
洗剤もミニボトルに入れて持って行って、ブラシに含ませて使うと泡立ちもよく綺麗に洗えるとのこと。
良く遠くへ外出していたので、ほんとにこれがあれば荷物が減ったのに…早く知りたかった…。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?
哺乳瓶ブラシはいろいろ種類がありますが、素材としてはスポンジかシリコンがメインになると思います。

個人的な意見をまとめると以下です。

初めて買う方や素材に迷う方 ➡ 哺乳瓶ブラシセット
スポンジブラシでいい方 ➡ 基本100円ショップで十分

いずれにしても使用感は大差ないので、お値打ちなものを選んで清潔に使うことをおすすめします。

✾Please follow me!✾ツイッターで更新通知◎
この記事を書いた人
みちゃmama

アラサー新米ママ(^^)
買い物、美容、食事、旅行が生きがい。
2020年夏ベビーの育児に奮闘中‼

インスタtwitterピンタレストもやってます^^
ママ友、ブログ仲間募集中です!!
フォロー泣いて喜びます↓↓↓↓↓

みちゃmamaをフォローする

スポンサーリンク




育児育児グッズレビュー
Blue Daisy
タイトルとURLをコピーしました